森業コラム vol.001

足かけ9年にわたり、長野県の森林事業からはじまりいろいろと勉強して参りましたおかげで、昨年5月に平成27年度 林野庁採択補助事業を受託しました。しかしながら、いざふたを開けてみると林業の実情を突きつけられ、ストレスが続いた一年となりました。幸いその事業も無事終了し、新たな実施事業に舵を切って船出しました。

神奈川県産材ツーバイフォー木材流通体制構築事業

未来のこどもたちに
永続して気持ちのよい国の森林を守っていく。
継続して地域・日本の木を使っていくことからはじめたい。
森業のすゝめ

具体的には以下の通りである。

Who              この事業に賛同した関係者が中心となって
Whom           湘南市民に向けて
When             いま直ちに
Where           ここ湘南から
What             我が国の森林利活用に向け
Why               活用されていない我が国の森林を活性させる

How               純国産ツーバイフォー部材を流通させる。しかも湘南から
How meny   丸太換算で3万立米/年の生産稼働
How much   現在市場独占している北米を中心としたランバー価格以下で

森林県、林業県でない神奈川の森(全国44位)は、概ね年間5万立米製材量が適正量である。
現在の総生産量が概ね2万立米である。

ではなぜに在来工法では無くツーバイフォー材なのか?

ツーバイフォー住宅少なくすれば3種類(404、204、206)、マックスでも6種類(3種類+208、210、212)のディメンション(木材小口断面)だけで施工が可能であり、受注予定に合わせたストック(在庫)が、他の工法に比べて可能であることと、デザインの自由度および構造計算の見える化が可能(新築は言うに及ばず、リノベーション設計にも他工法より有利である)である。
そして耐震、耐火(安心、安全)、機密性(省エネルギー)、カーボンオフセットに優れている。

なぜに湘南からはじめるのか?

ツーバイフォー住宅のシェアは全国3位でその工法の魅力認知度が高いこと、且つ一般市民が環境や景観問題に敏感に反応する民度の高さがあるからです。

湘南で暮らす、暮らしたい市民は、このように望んでいる。

2016.01.24 藤沢市内の上棟現場でのワークショップでのアンケート

2016.02.06 当事業の成果発表会でのアンケート

ヒアリングシート2ヒアリングシート2ヒアリングシート2

アクションのステージへ!

すでに新たな活動がはじまっている。

パンフレット2パンフレット2

パンフレット2パンフレット2

葉山S邸ご主人のレヴュー NO.009 2016.04.22

〈幸せのスパイラル〉

僕ら家族にとっては

一大プロジェクトだった葉山移住。

本当にたくさんの方に関わっていただき

たくさんのご縁があった。

 

柔らかな印象とは裏腹に実行力の塊、鶴田さん。

会えば全てがわかるよと三原さんがいっていた意味が

会ってホントにわかりました。

 

車の入れないこの土地で現場管理だけでなく

近隣の方に対する様々な調整を行ってくれた木上さん。

わがままをたくさん聞いていただき

感謝しております。

 

次世代のエース

藤山さん。

そのキャラでいつもなごませていだきました。

でも本当はその裏にある冷静な判断力。

知っていますよ。

 

見ず知らずの僕らを快く招きいれ

家の見学をさせてくださった

秋谷のMさま。

 

土地探しにくじけそうになった時に

勇気をくれた片瀬山のKさまのレビュー。

 

内装で悩んでいた僕らに

新しい風を与えてくれた山本さんの奥様。

 

エーワンさんとの契約に

確信を与えてくれた三原さんの奥様。

そしてロビン。

 

真夏の暑い中汗だくになりながら

ホントに丁寧に作業していただいた

黒川さん親子。

その姿は今も目に焼き付いています。

 

そして現場ではお会いできなかった

本物のプロフェッショナルである職人さん達。

その仕上がりは本当に素晴らしいものです。

 

皆さまのおかげで本当に快適な日常を過ごさせていただいています。

最大級の感謝を。

 

 

 

エーワンさんからはじまる

良いスパイラル。

 

三原さん、山本さんを中心に動いている

湘南ボートの活動をみればそれがよくわかる。

 

一軒のお家からはじまり

葉山へ、湘南へ、神奈川へ、日本へ

そして地球へ。

 

その幸せのスパイラルに僕らは今のったばかりだ。

 

季節が変わり

家の外壁も少しずつ色が変わり

葉山の風景に少しずつ、少しずつ馴染んでいく。

自然の摂理に逆らわず気持ち良く溶け込んでいく。

 

今日もまた

東京では感じなかった

何気ない一瞬に幸せを感じています。

 

感謝。

 

雨の日だって気持ちがいい

葉山自邸より。

葉山S邸ご主人のレヴュー NO.008 2016.04.22

〈五感に響く家〉

この冬

十数年ぶりに家族全員一度も風邪をひかないという快挙があった。

うちの家族は冬の寒さに弱いという定説がひっくり返った。

家があったかいのだ。

 

木の家だからあったかいんですか?

と山本さんに聞いてみると

というよりRCが寒いだけです。

それよりむしろ家の構造の話で、しっかりしている証拠です。

という回答。

 

おそらくこまかいスペックの話を聞けば

どんどん良いところが出てくるだろう。

でも難しい話はプロ達にまかせて・・

僕らが毎日の日常で感じているのは

理屈や理論をこえたものだ。

 

風の流れ。

気の流れ。

天井の高さ。

リズム。

窓からの光。

音の響き。

平面だけでとらえきれない空間美。

そして機能美。

 

僕らは毎日「住む」という行為の中で

体感を通してこの快適さを感じている。

 

視覚

臭覚

聴覚

味覚

触覚

 

そう

五感に響くのだ。

 

それは数字だけではあらわせず

頭で考える言葉では決して言い表せないものだ。

葉山S邸ご主人のレヴュー NO.007 2016.04.22

〈目立たないところも大事〉

監理。

新しいものをつくりだす「事」や「人」には

スポットライトがよくあたるが

監理って少し地味な印象がある。

でも実はここが一番大事だってことは社会人になって気がついたこと。

エーワンさんはここがまたしっかりしている。

 

メガネの奥にキラリと光る目で

山本チェックはなかなか厳しいのだ。

 

いつだったかブログで

「変人とよばれるのはうれしい」と書いてあったのが印象的だ。

もちろんいい意味での変な人なのだが

人とみている角度が少し違ったり、その幅がすごく広かったり

これ変かな・・?と思うような事を言っても

いやおもしろいかもと

新しいものはどんどん取り入れる柔軟性がある。

 

だからこそなのか?

リスク管理が半端ない。

 

なので僕は

山本さんはアドベンチャーと呼びたい。

冒険者だ。

 

本物の冒険者はギリギリのところを知っている。

リスクを知っているからこそ新しいことにチャレンジできる。

本物のプロなのだと思う。

葉山S邸ご主人のレヴュー NO.006 2016.04.22

〈ヒアリング能力抜群の男〉

 

エーワンさんには

ヒアリング能力抜群の建築家がいる。

そう

それが山本寛之氏である。

 

第一回目の打ち会わせが終わり

かなりカジュアルな

かなりざっくばらんなミーティングのつもりだったのだが

その後メールで送られてきた打ち会わせ記録を見て

思わず驚愕した。

 

僕らがホントにポツリとつぶやいた言葉や

その全体像

いや、そもそも僕らには確固たるイメージというものが

あるのかないのか・・

そんな状態だったはず。

 

とにかくエーワンさんのお家がいいです

という小学生レベルの感覚で打ち会わせにいった

自分達が今となってはちょっと恥ずかしくなる。

 

ゆったりと話をしながら

僕らの言葉に隠されている

その裏にあるものを感じ取り

的確な言葉となって送られてきた打ち会わせ記録。

 

今このレビューを書きながら

その打ち会わせ記録を見てみると

28個くらいある要望が

ほぼパーフェクトにこの家につまっていることに

今更ながら驚いている。

葉山S邸ご主人のレヴュー NO.005 2016.04.22

〈家をつくるという事〉
人が持つ生活イメージ、好きなこと、好きなもの
将来の夢、さらにはその人のこれまでの歴史
まさしく十人十色の考えを
真っ白なキャンバスから描き出す。
建築家とはなんと大変な職業なんだろうか。

そしてそれが家というカタチでアウトプットされるが
つくりだされるのは
その人が思い描くライフスタイルなのではないかと思う。

そう考えると
例えば不動産屋さんのチラシによくのっている言葉
「毎月の家賃と比べてください!」
「〜LDKあります」
そんなもので決められるはずがない。

家を侮ってはいけない。
それは家族のベースであり
拠点だからだ。
緊張感から解き放たれる
全てのベースだ。

家はいってみればモノだが
人のココロに多大なる影響を与える。

毎日住むところなので
日常をつくり
その人の人生に関わり
つまり家族のカタチをつくりあげてしまうくらいの影響力がある。

家をデザインするということは
家族のカタチもデザインしてしまう可能性があると思う。

誰かにとっての家ではなく
自分たちの家をつくりあげる。

だから頼む建築家を間違えたらたいへんだ。