CONTACT
facebook
PAGE TOP

大屋根の家 <視覚的な抜けを強調した拡がりある空間>

大屋根の家 <視覚的な抜けを強調した拡がりある空間>

場所は西鎌倉の古い住宅街、区画自体は狭くはないものの3方を住宅に囲まれた近接した敷地。
3人家族の為に計画されたこの家は、大屋根のリビングに向けた開口部を各部屋に設けることで常に家族の気配を感じることができるように計画した。
外部空間については視覚的抜けのある道路側、南東部にリビングに接する屋外デッキ+小庭を設けることで家の中心からの距離感を敷地を超えて感じることができるようにした。
外壁・天井材には信州落葉松を採用し、内部建具や玄関ドアにも国産材を利用した。エーワン最初の国産材利用を重視した計画となった。

DATA
鎌倉市西鎌倉
床面積:124.43
間取り:一階リビング+ロフト
信州落葉松T&T バサルトグレー
2009.09 竣工