葉山S邸ご主人のレヴュー NO.008 2016.04.22

〈五感に響く家〉

この冬

十数年ぶりに家族全員一度も風邪をひかないという快挙があった。

うちの家族は冬の寒さに弱いという定説がひっくり返った。

家があったかいのだ。

 

木の家だからあったかいんですか?

と山本さんに聞いてみると

というよりRCが寒いだけです。

それよりむしろ家の構造の話で、しっかりしている証拠です。

という回答。

 

おそらくこまかいスペックの話を聞けば

どんどん良いところが出てくるだろう。

でも難しい話はプロ達にまかせて・・

僕らが毎日の日常で感じているのは

理屈や理論をこえたものだ。

 

風の流れ。

気の流れ。

天井の高さ。

リズム。

窓からの光。

音の響き。

平面だけでとらえきれない空間美。

そして機能美。

 

僕らは毎日「住む」という行為の中で

体感を通してこの快適さを感じている。

 

視覚

臭覚

聴覚

味覚

触覚

 

そう

五感に響くのだ。

 

それは数字だけではあらわせず

頭で考える言葉では決して言い表せないものだ。