葉山S邸ご主人のレヴュー NO.003 2016.03.11

〈土地探しは家族探し〉
エーワンさんと無事土地コンサル契約をかわしたものの
すぐに土地がでるわけではない。
こればかりは待つしかないのだ。

こちらからもネットで見つけたこの物件どうですか?
と聞くことも多々あり
その都度丁寧な返信をいただいた。
まさしく建築家ならではの視点でみているのがよくわかる。
当たり前の事だが
不動産屋さんとの決定的な違いだ。

さてさて僕らの土地探しは
結局2年以上かかることになるのだが
その間
三原さんとのメールのやりとりはなんと100通を軽くこえた。
ある意味迷惑な話である・・。
(よい子のみなさんは絶対にまねをしないでください(笑))

でも一通一通無駄なものは何もなかった。
それは土地コンサルの枠を超え
ライフスタイルを教えてくれるものだった。
そしてその中の三原語録は今ではうちの家宝にもなっている。

メールのやりとりも然り
土地がでない時は
建築中の現場につれていっていただいたり、
色々な場所を見るのも参考になるよということで
あまり狙っていない地域の物件を見せていただいたり。

湘南のいいところもたくさん教えていただき
そしてこんなところは大変だよというのも
たくさん教えていただいた。

そうそうその間
僕ら家族は葉山でSUPを始めた。
海見えの土地に異常にこだっていたのに
海は行くのが一番、そして海は入るのが一番気持ちがいい
ということを学んだ。

長い土地探しの間には
僕らの甘さで融資問題にもぶつかった。
(新倉さん色々ご迷惑をかけました。ありがとうございます)

時間はかかったものの
ゆっくりゆっくりピントがあってきて
今の土地にであえたのだと思う。

三原さんからたくさんの言葉をいただいて
土地探しは家族のカタチを考える貴重な時間になった。
この時間は僕ら家族にとって実は必要不可欠なものだったのかもしれない。