CONTACT
facebook
PAGE TOP

第1 6 回 片瀬江ノ島地区
江ノ島を中心にした「景観・防災・観光」を考える未来のまち

今回のテーマは地域住民でも、おいそれとまとめられない3つ合わせた難題テーマを小学生に考えさせたらどうなるのかというテーマをぶつけてみました。私にとって毎朝の散歩コースでもある江ノ島周辺は、企画のヒントとなる題材がたくさん転がっていました。しかし毎年のことですが、その題材をこどもたちにどう提案していくかが、企画するスタッフの生命線でした。何度もコース下見をして議論し、開催日まで開催史上最大の参加者5 2 名の小学生たちへの「探検手帳」に何とかまとめることができましたが、当日までその不安は残ったままでした。そんな不安をよそに当日参加したこどもたちは、見事この難題に向かいスマートな提案をしてくれました。毎年ながら初参加の一年生の感性には、高学年の先輩方はもちろん、我々スタッフも学ばされました。あっぱれ!あとは、来賓の市長や行政関係者のみなさまが、大人のフィールドで実践していただくだけです。

ふじさわ こどもまちづくり会議とは?

「ふじさわこどもまちづくり会議」は、自分たちの暮らすまちについて“3 0 年後の未来のまち”を考えるワークショップです。毎年1回、藤沢市内の1 地区を選定し、藤沢市内の小学生を対象に活動を行っています。こどもたちはまず、身近な「まち」の自然環境や「まちなみ」をタウンウォッチングしながら実際に体験します。地域の人から歴史を聞き、実際に「まち」を“観ること”によりこどもたちが感じたことを整理し、具体的にどのような「まち」にしたら良いのかを全員で話し合います。最後に、自分たちが考える“3 0 年後の未来のまち”について、模型制作を通じ目に見える形で表現します。

こども目線の教育とは、伝える教育ではなく「伝わる教育」である。 そしてこどもの感性から、我々大人が教えられる教育なのである。

去る11 月3 0 日に日本青年館にて、以下の賞をいただきました。
2 013 年度(公財)あしたの日本を創る協会 あしたのまち・くらしづくり活動賞 振興奨励賞 受賞