森業コラム vol.001

足かけ9年にわたり、長野県の森林事業からはじまりいろいろと勉強して参りましたおかげで、昨年5月に平成27年度 林野庁採択補助事業を受託しました。しかしながら、いざふたを開けてみると林業の実情を突きつけられ、ストレスが続いた一年となりました。幸いその事業も無事終了し、新たな実施事業に舵を切って船出しました。

神奈川県産材ツーバイフォー木材流通体制構築事業

未来のこどもたちに
永続して気持ちのよい国の森林を守っていく。
継続して地域・日本の木を使っていくことからはじめたい。
森業のすゝめ

具体的には以下の通りである。

Who              この事業に賛同した関係者が中心となって
Whom           湘南市民に向けて
When             いま直ちに
Where           ここ湘南から
What             我が国の森林利活用に向け
Why               活用されていない我が国の森林を活性させる

How               純国産ツーバイフォー部材を流通させる。しかも湘南から
How meny   丸太換算で3万立米/年の生産稼働
How much   現在市場独占している北米を中心としたランバー価格以下で

森林県、林業県でない神奈川の森(全国44位)は、概ね年間5万立米製材量が適正量である。
現在の総生産量が概ね2万立米である。

ではなぜに在来工法では無くツーバイフォー材なのか?

ツーバイフォー住宅少なくすれば3種類(404、204、206)、マックスでも6種類(3種類+208、210、212)のディメンション(木材小口断面)だけで施工が可能であり、受注予定に合わせたストック(在庫)が、他の工法に比べて可能であることと、デザインの自由度および構造計算の見える化が可能(新築は言うに及ばず、リノベーション設計にも他工法より有利である)である。
そして耐震、耐火(安心、安全)、機密性(省エネルギー)、カーボンオフセットに優れている。

なぜに湘南からはじめるのか?

ツーバイフォー住宅のシェアは全国3位でその工法の魅力認知度が高いこと、且つ一般市民が環境や景観問題に敏感に反応する民度の高さがあるからです。

湘南で暮らす、暮らしたい市民は、このように望んでいる。

2016.01.24 藤沢市内の上棟現場でのワークショップでのアンケート

2016.02.06 当事業の成果発表会でのアンケート

ヒアリングシート2ヒアリングシート2ヒアリングシート2

アクションのステージへ!

すでに新たな活動がはじまっている。

パンフレット2パンフレット2

パンフレット2パンフレット2