CONTACT
facebook
PAGE TOP

海一望の家 <日常を忘れる空間>

海一望の家 <日常を忘れる空間>

目の前が相模湾という立地。
まわりの雑多な風景が見えないようにしてほしいとのご要望から、各部屋から海が眺められるように平面プランを組み立てました。
最大の特徴はサンルームの存在。
リビングとダイニングを程よく区切るように存在するサンルーム、サッシをフルオープンにすると、半屋外空間になります。
日常を忘れられる空間は、来客の方達もくつろいでいかれるとのことです。

DATA
コンセプト・デザイン:三原栄一
設計:三原 栄一・古川 知嘉

床面積:209.24㎡
間取り:7LDK
唐松(ライトブラウン)
2009.8 竣工